金沢のどんどこプロジェクト


 12月14日(日)午後2時からi-ねっと事務所で「金沢どんどんこと振り返りの会」
を開きました。育成推進財団から阿南さん、日本NPOセンターから吉田さん。そして、
三和児童館の上野さん、浅野町児童館の三浦さん。NPO支援センターから青海が参加しま
した。
 話し合いは和気あいあいの中、昨年度と今年度の取り組みの違いからそれぞれ話されまし
た。イベント的でないものに集中した今年度の取り組みから見えてきたものは「金沢では
横並びの児童館ゆえ、横並びな職員の意識の問題」。NPO側では「子どもの本質的な部分
と向き合えるNPO団体の不足」。こうした課題の克服と、事業の継続のためには「NPO
と児童館」側が共通のテーマでつながり、児童館側が事業を受け入れやすい工夫をNPO側
が仕掛けることが必要かも知れない。など、金沢という地域の特性の中で、それぞれの希望
が出されました。「子ども」から「次世代」という発想も児童館事業には必要と考えると、
関わることのできるNPOの幅も広がるように思いました。話は上野さんが持ち込んだ「昔
懐かし駄菓子」をたべながら5時まで続き、又の再会を「おみやげ交換」で交わし合いました。

DSCN3277.jpg
i-ねっと事務所で

DSCN3281.jpg
「昔懐かし駄菓子」

DSCN3282.jpgのサムネール画像
締めは「おみやげ交換」




トラックバック(0)

トラックバックURL:
 

コメントする

このページのトップへ

「子どものための児童館とNPOの協働事業(NPOどんどこプロジェクト)」は、
(財)住友生命社会福祉事業団が協賛しています。