京都のどんどこプロジェクト

京都のどんどこプロジェクト

レポート7:自然と遊ぼう〜花背山の家で雪遊び〜 1日目編

 1月24日(土)、25日(日)の1泊2日で、嵐山東児童館の「自然と遊ぼう」プログラムを、京都市左京区にある「花背山の家」で「特定非営利活動法人芦生自然学校」の小林さん、岡さんのご協力のもと、実施しました。
 特定非営利活動法人芦生自然学校は、南丹市美山町にあり、自然豊かなフィールドを活かして活動することを目的に、2004年9月に設立。地域の子ども達はもちろん都市の子ども達、また成年向けにも様々な自然体験、環境教育を提供することを目的とされており、自然観察やカヌー、ラフティング、サイクリングなどのアウトドアスポーツ、農業体験、田舎生活体験など「自然」と「自然の中の遊び、暮らし」を幅広く知ってもらう活動を展開されています。
 当日は、天気予報によると寒波がやってくるとのことで、かなり冷え込んでいました。朝8時30分に子供たちは児童館に集合し、9時に阪急嵐山駅前をバスで出発しました。この日、朝から参加した子供たちは19名(同じ日の夕方からは7名が遅れて参加しました)、24日のみKBS京都の番組(「ふれ愛さんか いきいき福祉」)が取材のために同行され、子供たちはバスの中に同乗されたカメラマンに興味津々の様子。
shizen01.JPG









 バスがどんどん花背山の家に近づくにつれて、雪景色が見え、子供たちはかなり興奮気味。そうこうしているうちに1時間半程で、無事に花背山の家に到着しました。
shizen02.JPG









 到着したら、すでに芦生自然学校のお2人は、プログラムの準備を始めておられました。お2人によると雪が固くてコンディションはあまり良くないとのこと。 
 花背山の家での入所式、その後、宿泊棟のミーティングルームに移動して、みんなで昼食を食べながら自己紹介。芦生自然学校の小林さんは「ゆーか」、岡さんは「おっかあ」と呼んでくださいと挨拶されました。
             これからお昼ご飯を食べます                                                    小林さんです
shizen04.JPGshizen03.JPG
             岡さんです
shizen05.JPG










昼食休憩後、雪遊びの準備(スキーウエアに着替える等)をして、13時30分から雪遊びのプログラムを行いました。
 はじめにアイスブレイクで、簡単なゲームをいくつか行いました。1つ目は地面にロープでここから出てはいけないという場所をつくって、その中から出ないようにして、岡さんの指示のとおり、順番に並んでいくというもの。背の順、名字の五十音順、生まれ月順と並んでいきました。生まれ月の場合、言葉を交わさず、ジェスチャーだけで、自分の生まれ月を伝えながら、並んでいかなくてはダメだったのに、1人間違えた以外は、なぜかきちんと並ぶことができていました。
               ロープの中に入っています                                            背の順に並べているかな
shizen07.JPGshizen06.JPG
 次のゲームは、輪になってみんなで人間イスを作るというもの。はじめは失敗しましたが、最後は何とか成功しました。
shizen08.JPG









 最後のゲームは、1人がこうもり(バット)、もう1人が蛾(モス)になって(こうもり役は目隠しをします)、その他のみんなが作った輪の中で、「バット」「モス」と叫びながら、追っかけっこするゲーム。追っかけているバットの姿が、けっこう面白くて、みんな大はしゃぎでした。
shizen10.JPGshizen09.JPG
shizen12.JPGshizen11.JPG
 アイスブレイクが終了し、次に、5つのグループに分かれ、雪でタワーを造りました。雪を集める、形をつくるなど、どのチームも役割分担をしながら、力を合わせて作業。人がタワーになっているチームや、大人の身長より高いものを作っているチームなど、それぞれ高さや形に特徴があるものができました。
             みんなで雪を集めます                                                 バケツで雪を積み上げます
shizen14.JPGshizen13.JPG
                       力をあわせて作ります                                           身長より高い・・・
shizen16.JPGshizen15.JPG










            人間タワーの完成
shizen17.JPG






           大きいタワーが2つ完成
shizen18.JPGのサムネール画像
               今にも倒れそう・・・                                          イスにもなります
shizen20.JPGshizen19.JPGのサムネール画像
         人が乗るタワーを作りました
shizen21.JPG









 最後は、2チームに分かれリレーを行いました。チーム分けの前に動物の書いた紙が渡されていたので、リレーの1回目では、その動物になって走らなくてはいけなかったため、子供たちの中で、4本足の動物(犬など)の紙を持っている子は、雪の中、四本足で激走。また、リレーの3回目は目隠しして走ることになり、走っている様子はかなりおもしろかったです。
shizen23.JPGshizen22.JPG 途中、30分程度、吹雪いたこともあり寒かったのですが、16時30分にプログラムを終了し、宿泊棟に戻って、17時から入浴しました。お風呂は広くて気持ちよかったです。(男の子の方には、入浴中にテレビ取材のカメラが入ったとのこと)
 そして、18時からみんなお待ちかねの夕食の時間。バイキング形式だったので、好きな量だけ食べることができました。
 夕食後、19時30分から、ものすごい寒さの中、外に出て、星空を見たり(すごい星がきれいでした)、シャボン玉をつくって、寒さの中、どうなるか観察しました。シャボン玉はすぐに吹くと、普段と変わらなかったのですが、吹かずにしばらくおくと、輪の中でシャボン玉の液が凍って行く様子が観察出来ました。
shizen25.JPGshizen24.JPG

 その後、ミーティングルームで歓談。22時に消灯時間となり、1日目が無事に終了しました。
 今回はここまで。次回2日目の様子をお伝えします。



トラックバック(0)

トラックバックURL:
 

コメントする

このページのトップへ

「子どものための児童館とNPOの協働事業(NPOどんどこプロジェクト)」は、
(財)住友生命社会福祉事業団が協賛しています。