NPOどんどこプロジェクト

NPOどんどこプロジェクト 2018

橋本市立きしかみ子ども館

和歌山県橋本市

子どもを地域で育てよう ~橋本式「地域コミュニティ」で 子どもの遊びを!「遊び・おもちゃ」伝承文化にふれ、地域を知り、気づき、楽しむ~ &子どもが自ら描いた安全啓発看板の修繕・維持管理

タイトル 子どもを地域で育てよう ~橋本式「地域コミュニティ」で 子どもの遊びを!「遊び・おもちゃ」伝承文化にふれ、地域を知り、気づき、楽しむ~ &子どもが自ら描いた安全啓発看板の修繕・維持管理
協力NPO
  • NPOエコランド いと・はしもと
  • NPO八尾市民活動ネットワーク つどい
その他協力者・関係者
  • 山田地区共育コミュニティ本部
  • 紀州組子細工 伝統工芸士、地場産業「根ぶし」「へら竿」職人
  • 県立紀北工業高等学校
  • 橋本市青年指導者協議会
  • 橋本市中学生ボランティア
  • 子育てサークル ほっとシッター
  • 民生児童委員・主任児童委員
  • 岸上区 区長
  • 橋本市立児童館
  • 橋本市教育委員会
開催日時 2018年7月~2019年2月
開催場所 橋本市立きしかみ子ども館・県立橋本体育館・市内看板設置場所
目的 「遊びとおもちゃ」をテーマに、「今の子どもが知らないような遊びやおもちゃ」「地域の伝承遊び」「地域の地場産業・特産物で作れるおもちゃ」などを、地域やNPOの方々のご協力をいただき、子どもと聞いたり調べたり、自分で手作りしていく中で、いろいろな人との交流をもち、子どもも大人も共に楽しみ、地域を知るきっかけとなる事業とします。また、子どもが自ら描いた安全啓発の看板の手入れや、修理が必要になった物を修理し、手作りのものを大切にしていく気持ちを育み、もう一度子どもたちの安全を見守れるようにします。
概要
  1. 「あそび・おもちゃ」について調べる
    • 地域の文化を知るために、伝統工芸・地場産業・特産物も調べる
    • 伝統工芸・地場産業に従事する職人さんや伝統工芸士の話を聞く機会を作り、子どもができる体験をする。
    • 共育コミュニティのネットワークで、地域の方の協力を要請し、体験の場を作る。自分たちが作った物で遊べるようにし、作る子どもも、教える側の大人も、一緒に楽しむ。事業後も家庭でも児童館でもその遊びを継続できるような取組みにする。
  2. 「おもちゃ」「遊び」「地場産業」「特産物」など、子どもたちが今回の事業で調べたことを一覧にして発表する
  3. 修理が必要となった看板をこどもたちの手で修理し、地域の子どもの見守りに役立てる。

橋本市立きしかみ子ども館について

連絡先

住所 〒648-0085
和歌山県橋本市岸上203
電話番号 0736-32-5094