NPOどんどこプロジェクト

NPOどんどこプロジェクト 2016

和歌山県橋本市立児童館(きしかみ子ども館・原田子ども館・友愛児童館・名古曽児童館)

和歌山県橋本市

「子どもが自ら描く安全啓発看板地域で子どもを守ろう!」(継続)28年度版&「防災・減災知識を子どもも大人も体験を通して確認共有しよう!!」

タイトル 「子どもが自ら描く安全啓発看板地域で子どもを守ろう!」(継続)28年度版&「防災・減災知識を子どもも大人も体験を通して確認共有しよう!!」
協力NPO
  • NPO法人 わかやまNPOセンター
  • NPOはしもと「里山学校」他
  • NPO八尾市民活動ネットワークセンターつどい
その他協力者・関係者
  • 橋本市立小中学校
  • 橋本市立保育園
  • 和歌山県立紀北工業高等学校青少年育成市民会議
  • 主任児童委員
  • 地域住民
  • 橋本市危機管理室
  • 橋本市消防署
  • 橋本市立図書館
  • 橋本市放課後ふれあいルーム橋本市教育委員会
開催日時 2016年7月1日~2017年2月28日
開催場所 橋本市立きしかみ子ども館及び安全看板制作校・園
目的

A

  • 昨年度実施した「子どもが自ら描いた安全啓発看板」の点検維持管理と、他校や園での実施の要望に答え、更に多くの人に子どもを見守ってもらえるようにする。
  • 安全看板を通じて、地域の人と触れ合う機会をもち、地域を知る。

B

  • 防災・減災や災害に備える心構えや知識を体験を通し得て、子どもも大人も確認し共有する。
概要

昨年度モデル事業で制作した子どもが自ら描いた安全啓発看板が、地域の方々の協力によって統合された橋本中央中学校の通学路に設置され、子どもたちの安全を見守ってくれています。

この協働事業において学校をはじめ沢山の団体や地域の方々の協力が得られ、地域のみんなで子どもを見守る意識が高まり、その様子を見てうちの園や学校でも制作設置をしたいとの声も出て、せっかく小学校・中学校・高等学校の連携ができ協働事業ができたので、そのつながりを大切にし、要望に答えるために継続します。

又、昨年度設置した看板の点検・維持管理するために、職員の見回りは勿論のこと、子どもたちと一緒に看板を確認しながら地域を歩いて回ってはどうか?という主任児童委員さんからの意見も打合せ会の中で得られたので、見守り隊(小学生の下校時に地域の方が街角で見守る)の位置や方々を訪ねて回って地域を知る試みにも取り組みます。

和歌山県でも沿岸部では津波等に備えて防災意識が高いが、それに比べて内陸部の橋本市においては、高いとは思えない感じがありました、直下型の地震の報道などを見て活断層がある この地域でも、不安を感じる保護者等の声も多く聞かれるようになってきていますので、防災・災害に備える心構えや知識を得て、子どもも大人も確認し共有できれば、良い機会になると考え、 8月28日(日)にきしかみ子ども館で開催する【夏休みこどもまつり】(毎年8月最終の日曜日に開催し、600人程の来場者がある)で、今年は防災・減災をテーマに取り上げてみようという職員の 意見が一致しましたので、取り組みたいと思います。例年は"手作りと遊び"をテーマに実際に体験することを大切にしていますが、今年は手作りブースを簡単防災グッズ等にしたり、危機管理室の協力を得て防災グッズの展示や災害時の取り組み等を織り込み、例年ボランティア参加して頂いているNPO活動されている大学の講師先生や、はしもと「里山学校」の協力も得て防災・災 害時関連のブースを作りたいと考えます。遊びのコーナーでは職員手作りのゲームで賑わうが、その中にも防災カルタや非常時グッズ探し等の遊びも取り入れて楽しみながら知識を得ることができるようなゲーム感覚で学習できるように取り組み、また、消防署の協力で、煙避難体験や 消火訓練を子どもも身近に感じれる工夫をして行えるように検討しています。

以上のように、昨年度の事業の継続と、夏休みこどもまつりでの体験等を通して子どもも大人も安全に気付く取り組みをします。

和歌山県橋本市立児童館について

連絡先

住所 〒648-0085
和歌山県橋本市岸上203
電話番号 0736-32-5094