NPOどんどこプロジェクト

NPOどんどこプロジェクト 2016

狭山市立狭山台児童館

埼玉県狭山市

さやまっ子元気プロジェクト~武蔵野の面影体験

タイトル さやまっ子元気プロジェクト~武蔵野の面影体験
協力NPO 特定非営利活動法人 ジョイライフさやま
その他協力者・関係者 市内企業
開催日時 2016年11月13日(日)
開催場所 狭山市智光山公園内
目的

環境先進国・スウェーデンの大学教授は、このような研究発表をしています。世界的にデジタルの波が押し寄せた1980年代以降、ゲーム、ビデオ、パソコンなど、子どもたちが外へ出なくても楽しめるものが急増する環境のなか、外で泥だらけになって遊ぶことがないまま、大人になっていった30歳までの人たちを対象に統計をとってみると、他者との関わり合いが非常に苦手で、相手を認めることをせず、争いばかり起こす大人が圧倒的に多かったそうです。日本でも子どもの1日の過ごし方が変わってきました。なかでも大きく変わったのが『体を動かさない』『人と触れあわない』『話さない』という3つの要素です。この3つの要素が少なくなったことで、日常の遊びのなかで得られる“学びの場”がなくなっていると指摘されています。

私たちの協働事業で目指すものは、自然体験を通してたくさんの好奇心や創造力から考える力を育て、芽生える発想力を大切に「児童に生きる希望を与え、さらにより良く生きる勇気を培う」ことにあります。多くの自然と共生する時間を過ごすことにより『体力に自信がある』『得意な教科の数が多い』『環境問題に関心がある』『課題解決能力や豊かな人間性』がある子どもたちを育て、季節感、景色、空間の彩りなどを感じる人間に育つ事を目標にする。

概要

豊かで広大な自然林の中で自然を楽しみ、緑に囲まれながら音楽やバーベキューを楽しむ、53.8haの大規模な都市公園、武蔵野の自然を残し、アカマツ、ナラ、クヌギが密生する大自然、この自然を生かした取組みを考え子どもたちの成長に繋げる。

  1. 竹筒を使った炊飯の体験
  2. 狭山市の特産品サトイモを取り入れた料理
  3. 竹を使った風鈴づくり

狭山市立狭山台児童館について

連絡先

住所 〒350-1308
埼玉県狭山市中央3-3-31
電話番号 04-2958-7407