NPOどんどこプロジェクト

NPOどんどこプロジェクト 2016

北九州市立山王児童館

福岡県北九州市八幡東区

まなぼうさい

タイトル まなぼうさい
協力NPO
  • 九州防災パートナーズ
  • KID's work
その他協力者
  • ふくおかNPOセンター
  • 社会福祉法人 北九州市福祉事業団
開催日時 2016年7月~2017年2月末
開催場所 各児童館、各地域、防災センター、レインボープラザ、市民センターなど
目的

防災に関する知識を拡げ、意識を高める

平成28年4月に発生した熊本地震は、災害は身近なものであること、いつ起きるか分からないことを改めて経験させてくれた。私たちの街、北九州市は災害が少ない街である。そこで、本年度のテーマを「防災」として自然災害について調べること、学ぶこと、学びを形にすることで、防災に対する知識を拡げ、意識を高める活動を実施したい。

過年度の事業成果を活かす

昨年実施した「水探求部」では調べ学習を、一昨年実施した「子ども印刷部」では、地域課題へ目を向けることや表現することについて学んだ。本年度においては、そうした学びの成果を引き続き活かしていける事業としたい。

子どもたちの遊びや学びを支えるネットワークの構築

今まで構築してきた児童館以外の団体(NPO、企業、大学、地域)との関わりをさらに深め、今後ますます必要とされる地域ぐるみの「ネットワーク」作りを促進する。

概要

防災について調べたこと、学んだことを基に「ゲーム」や「紙芝居」「絵本」などを作り、自分たちの防災に関する知識を深める。それらを通じて防災について学ぶことができるよう、他の子どもたちや他の児童館に配布などを行い、学びの成果を広めていく。また地域への防災意識の啓発につなげる。

1. 参加館を募り、各館で子どもたちのプロジェクトチームを立ち上げる

2. 防災について学ぶ・経験する

防災の専門家や地域の災害経験者等から話を聞く
地域の防災施設で災害に疑似体験をする
⇒・災害の種類別・状況別に対応策をまとめてみる。
・学ぶ、考える、想像する。

3. 「ゲーム」「紙芝居」「絵本」のストーリーや作り方を考え、作成する

ボードゲームやカードゲームなど、どのようにして作るかを考える。
⇒以前の取り組み(H26年度:子ども印刷部/H27年度:水探究部)をゲーム作成する際に、調べ学習や印刷物の表現という形で活かしながら活動する。

5. 報告・体験会

各館の発表などを行い、非常食の試食など防災や避難に関する体験を行う。また、作った防災啓発ゲームなどを紹介し、体験する。

6. 他館頒布(出来れば)

作ったゲームを他館やそれぞれの地域に配布し、啓発する(ゲームをきっかけに施設や地域に防災意識や知識を広める)。

北九州市立山王児童館について

連絡先

住所 〒805-0052
福岡県北九州市八幡東区西丸山町2-1
八幡東区社会福祉センター3階
電話番号 093-671-3995