NPOどんどこプロジェクト

NPOどんどこプロジェクト 2017

緑ヶ丘遊子児童館

北海道北見市

緑ヶ丘ボランティア隊を結成しよう

タイトル 緑ヶ丘ボランティア隊を結成しよう
協力NPO
  • NPOワークフェア「えぞりす」
  • NPOワークフェア「ふくろう」
その他協力者・関係者
  • はぴねす
  • ステップ
  • 青少年相談センター
  • ネイパル北見
開催日時 2017年8月6日~2018年2月14日
開催場所 緑ヶ丘遊子児童館
目的
  • 保護者会、適応教室などと連携して、不登校の児童の居場所つくり
  • ボランティア体験や遊びなどの体験を通して、自主性や自信を身につける。
  • 生活困窮世帯への学習支援をおこなう場所として利用する。
概要
  • 最初の「交流会」では、缶バッチを作り、自己紹介などのオリエンテーションをしお互いのことを知り、一緒に遊ぶことによって仲間づくりにつなげる。
  • 8月には、地域お祭りへの出店でボランティアとして参加し、缶バッチやアクセサリーなどの出店を出し、仲間意識を高めたり、お客として来る児童と交流する。
  • 9月の「ゆうし児童館まつり」でも同様にブースを担当し、ふだん児童館に来ている児童とも協力し、お祭りをもりあげる。
  • 10月「えぞりす・ふくろう」交流イベントで、オホーツク地区全体の、困窮世帯への学習支援をおこなう「ふくろう」の児童を招待して、北見市のメンバーと合流し、旭川教育大の音楽課程の講師、学生をゲストに音楽教育コンサートを開催。
  • 11月のネイパル北見での「ボランティアセミナー」へ一泊で参加し、ボランティアの意義を学ぶ。親元をはなれて、一泊という経験をしてもらう。
  • 12月は、ネイパル主催の「クリスマスフェス」や児童館での「クリスマス会」にボランティア参加をよびかける。
  • JICA出張講座 [世界がもし100人の村だったら]を招待する。運営スタッフに児童がボランティアで参加。
  • 2月は、今年度のしめくくりとして、「チョコづくり体験」をおこない、進学、進級後もつながれるような交流の場をもうける。

※以上のような大きなイベントや行事は、年数回おこなうが、不登校児が恒常的に来られるよう、幼児支援プログラムを開催していない曜日の午前や、閉館時間後の夜間開放なども定期的におこなっていく。その時間に学習支援や相談支援がおこなえるよう、NPOの職員や、大学生、専門学校の学生ボランティアとつながっていきたい。

緑ヶ丘遊子児童館について

連絡先

住所 〒090-0067
北海道北見市緑ヶ丘5-9-14
電話番号 0157-22-3103