NPOどんどこプロジェクト

NPOどんどこプロジェクト 2017

橋本市立子ども館・児童館(きしかみ子ども館・はらだ子ども館・友愛児童館・名古曽児童館)

和歌山県橋本市

【RE・RE・リサイクルぱーく】児童館で3R活動を!!&子どもが自ら描いた看板の維持管理と地域への安全啓発

タイトル 【RE・RE・リサイクルぱーく】児童館で3R活動を!!&子どもが自ら描いた看板の維持管理と地域への安全啓発
協力NPO
  • NPOエコランドいと・はしもと
  • NPO八尾市民活動ネットワークセンターつどい
その他協力者・関係者
  • 和歌山県立紀北工業高等学校
  • 橋本市青年指導者協議会
  • 橋本市中学生ボランティア
  • 子育てサークル ほっとシッター
  • 青少年健全育成市民会議
  • 主任児童委員
  • 橋本市立図書館
  • 橋本市放課後ふれあいルーム
  • 橋本市教育委員会
開催日時 2017年7月20日~2018年2月28日
開催場所 橋本市立きしかみ子ども館・はらだ子ども館・友愛児童館・名古曽児童館・県立橋本体育館、市内看板設置場所
目的

A

「子どもも大人も身近なリサイクルに気づき、未来に伝えよう!」
リサイクルとエコをテーマにした体験を通して、リサイクルの意味や自分たちにできることを知り、これからは子ども自ら意識して生活していけるようになり、3Rへの取組みのきっかけとする。

B

2年間通して子どもたちが自ら描いて地域に設置してきた安全啓発の看板をできるだけ長く残せるように、維持管理をし、多くの人に見守ってもらえるようにする。また、このプロジェクトで取組んだ子どもの安全について、啓発し、取組みを広報する。

概要

A 3Rに関する事業に取組み、ESDへの気づきにつなげる。

  • 各児童館にリサイクルボードを設置し、利用者から譲りたい物と譲って欲しい物のコーナーを作って、リサイクルについての情報交換ができる交流の場とする。
  • 子ども対象の事業では、牛乳パックやペットボトルなどの身近な物を使ってのエコ工作を今まで以上に取り入れ、作る楽しさと完成した時の達成感を味わえる機会をつくる。
  • 保護者対象の事業では、小さくなった子どもの服などを使ってリメイクし作品に作り替え、思い出の品として残せるものとする。など、工夫した事業に取り組む。
  • 夏休みこどもまつりや、すこやか橋本まなびの日などのイベントにおいて、リサイクル・エコをテーマに取組み、参画団体それぞれに得意分野での企画を持ち寄り、幅のあるイベント内容とする。
    また、保護者同士が育児用品や遊具・子ども服などで情報交換し、交流できる場を作る。
  • 【RE・RE・リサイクルぱーく】のイメージキャラクターを募集し、リサイクルの取組みに興味を持てるきっかけにする。

B

看板の維持管理をし、地域で子どもを見守る啓発をする。

和歌山県橋本市立児童館について

連絡先

住所 〒648-0085
和歌山県橋本市岸上203
電話番号 0736-32-5094