NPOどんどこプロジェクト

NPOどんどこプロジェクト 2017

狭山市立狭山台児童館

埼玉県狭山市

さやまっ子元気プロジエックト 武蔵野の面影体験 〜未来の乗り物をいっしょに作ろう〜

タイトル さやまっ子元気プロジエックト 武蔵野の面影体験 〜未来の乗り物をいっしょに作ろう〜
協力NPO 特定非営利活動法人 ジョイライフさやま
その他協力者・関係者
  • 市内企業
  • 本田技研工業(株)埼玉製作所
  • 埼玉県立狭山工業高等高校
  • 秋草学園高等学校
開催日時 2017年8月8日(火)・22日(火)・9月3日(日)
開催場所 埼玉県立狭山工業高等学校
目的
  1. 子ども達を取り巻く環境は、人口、経済、文化など様々な面で変化しています。とりわけ狭山市は、人口減少社会の到来により、学校の統廃合が進み、地域 や家庭環境の変化が子ども達の育ちに影響を与え、道徳観、歴史観、伝統文化に触れ合う機会が減少してきました。このため、「武蔵野の面影が残る、緑豊かで 閑静なお茶畑」が広がる自然豊かな場所で、子ども達が普段触れ合う事の少ない、自分とは価値観や行動様式の異なる"異質な他者や多様性"と関わることで、「さまざまな声がある=異質な他者への関心を保ち続けること」、さやまっ子 (狭山市の子どもの呼称)が豊かな人間性と創造性を備え、自らの夢を実現でき るようサポートします。
  2. 今後10〜20年で、雇用者の約50%の仕事が自動化される"といった予測もあるように、将来の変化を予測することが困難な時代を生きる子どもたちに対 しては、社会の変化に受け身で対処するのではなく、自ら課題を発見し、他者と協働してその解決を図り、新たな知と価値を創造する力を育成することが喫緊の 課題である。そのためには、子ども達に「何を教えるか」だけでなく、子ども達が「どのように学ぶか」という視点が重要であり、狭山市の自然豊かな環境を「さやまっ子」が考え「さやまっ子」たちが中心に考えるシンポジウムとして開催したいと考えています。
概要
  1. 住んでいる地域の環境への関心を寄せる参画
    ぼくたち、私たちが住んでいるこの豊かな武蔵野の自然は将来どのようになっているのか?また自然に優しい燃料はあるのか?僕たちがおじいちゃんになったと き、お店や病院に自動で連れて行ってくれる車はあるのか等、参加者からプロジェクトの目標を認識していただき、子ども達が主役という意識付けを行います。
  2. 子ども達が将来の描く夢を意見交換する参画
    将来、子ども達が考える社会を車というツールを通して考える機会をつくる。そのため、シンポジウムを通して子ども達の疑問や質問を聞く。その中から出てきた意見をもとに自由な発想で自分たちの考える「未来の乗り物を製作」する。
  3. 子ども達の夢をサポートしてくれる大人の参画
    参加児童の意見に寄り添い、後押しをしてくれる地域の団体や高校生を募り児童の主体性を尊重した助言をいただくことにより、思い描いた乗り物を完成させていく。
  4. 子ども達主導の活動参画
    最後に子ども達による制作発表の場を設け、実際に走らせるところを保護者の方々にも見て頂き、想いの共有を図る。

狭山市立狭山台児童館について

連絡先

住所 〒350-1308
埼玉県狭山市中央3-3-31
電話番号 04-2958-7407