NPOどんどこプロジェクト

NPOどんどこプロジェクト 2016

京都市修徳児童館

京都市下京区

こどもまちづくりいいんかい 笑顔がつながる松原通の駅

タイトル こどもまちづくりいいんかい 笑顔がつながる松原通の駅
協力NPO
  • NPO法人 フリンジシアタープロジェクト
  • 本町エスコーラ(佐々木暁生)
その他協力者・関係者
  • 松原通界隈活性化活動プロジェクト委員会
  • 笑顔デザイン研究所
  • 修徳児童館学童クラブ松原通の駅保護者プロジェクトチーム
  • 修徳児童館学童クラブだがしや保護者プロジェクトチーム
  • 修徳児童館乳幼児クラブ松原通の駅保護者プロジェクト
  • 楊梅幼稚園・池坊保育園
  • 立命館大学ロビンフット
  • 松原商店街振興組合
  • 修徳自治連合会・豊園自治連合会・有隣自治連合会
開催日時
  • 2016年11月19日
  • 2016年7月9日 松原通の駅夜市
  • 2016年8月27日、9月10日、10月15日 笑顔写真きょうしつ
開催場所 京都市下京区松原通り界隈(堀川通り~烏丸通り~河原町通り)
目的
  • 「まちづくり」に熱心に取り組まれている地域性を生かし、子どもが"知ること""考えること""動くこと"を通して、まちをつくるさまざまなや大人や子どもをつないでいく。
  • まちづくりの企画に、子どもが主体的に参加し、こどもこそのアイデアやにぎわいを提供しながら、双方の理解を深める。
  • 地域に子どもや子育て家庭の交流の場、居場所づくりをする。
概要

1)企画会議への子どもの参画

地域活性化事業「松原通の駅」に子どもプロジェクトチームとして参加。地域での役割や注意点等を理解した上で、子どもプロジェクトチームの企画提案。松原通の駅PR大作戦」

【その1】2016年7月9日(土)松原通の駅夜市
  • あおぞらだがしや(熊本地震おはじき募金)
  • 松原通の駅夜市(たこせん、ヨーヨー釣り⇒キッズお仕事体験クラブ)
  • 松原通の駅実行委員会5回(4.26)(5.24)(6.8)(7.4)(8.1)
【その2】2016年11月19日(土)
「松原通の駅PR大作戦」
  • NPO法人フリンジシアタープロジェクトと
  • 本町エスコーラ佐々木暁生
  • 子どもプロジェクトチーム(児童館キッズお仕事体験クラブ)

2)児童館のあおぞらだがしやを松原通の駅バージョンで出店

月に一度、地域交流の場として修徳公園で開催している青空だがしやを松原通りで出店。さらに多くの方々の交流の場とする。準備、運営は学童クラブ保護者プロジェクト。100円をおはじき10個と交換し、子ども自身が選んでお買い物ができる。おはじき募金(東北、熊本自信子ども支援)も実施。

3)児童館での日常の遊びを路地あそび的に出店し、あそびを通した親子や地域の方と子どもの交流の場を大切にする。

「どんどこあそぼうASOVIVA!」

出店予定:マンカラ、皿回し、コマ、将棋(老人クラブ修和会;月1回の将棋教室の先生)おりがみ(毎週水曜日開催おりがみボランティアの先生)うらない(学童ク保護者)その他子ども企画の遊びコーナー

4)「まつばら笑顔写真展」開催

8、9、10月の3回シリーズで実施した「笑顔写真きょうしつ」で、子どもたちが撮り集めた松原通りの笑顔写真の展示

5)乳幼児親子「オープン広場」開催

児童館で日頃行っている乳幼児広場(あそべMONDAY、ちびっこらんど、パパぱーく)を松原通りで開催。乳幼児のあそびコーナーや、パパママとの休憩スペース、おむつ交換や授乳場所の設置。小学生による手遊びおはなし劇場など。

6)まちあるきビンゴ

まち歩きのアイテムとして、ビンゴカードを作る。通りの拠点に学童クラブ保護者プロジェクトの方に配置していただき、ビンゴの拠点での役割ととともに、子どもの通行安全のための警備を行う。

佐伯市児童館連絡会について

連絡先

住所 〒600-8449
京都府京都市下京区新町通松原下る富永町110-1
電話番号 075-353-6399